2017年6月に大阪いずみ市民生協さんでセミナーを行ったものを広報誌9月号にまとめていただきました。
「今すぐできる!くらしの中の身近な防災」というタイトルで、見開きすぐの特集です。

表紙

セミナーでは非常食を試食を行いながら、具体的に何を備蓄すればよいかを考えるワークショップを行いました。
防災はむつかしい、めんどくさい、よくわからないという声を聞きますが、
災害が起こる→命はたすかった→ライフラインがない→でも家は大丈夫→なにが必要?
と、想像しながら備えることが大切です。

これさえやればOKというものはなく、また必要なものは人それぞれ異なります。

きれいにまとていただき、ありがとうございました!